認知症予防につながる大発見!

認知症予防につながる大発見!

こんにちは😃

ふじもと歯科診療所です🎵

 

先日こんなニュースが

飛び込んできました😲

 

認知症の原因物質

歯周病によって

蓄積する仕組みを解明!

 

\認知症と歯周病に関係があるの?/

認知症予防につながる大発見!

歯周病と認知症の関連は

近年注目を集めており、

これまでに、歯周病の原因菌や

その毒素が血管を通じて

体内に侵入することで

Aβ(アミロイドベータ)と呼ばれる

異常なたんぱく質が体内でつくられ

脳に蓄積することは

解明されていました。

 

しかし、蓄積の仕組みはまだ

詳しく分かっていませんでした。

  • 認知症予防につながる大発見!

そして今回のニュースの内容が

 

九州大学などの研究チームが

歯周病菌が体内に侵入し、

認知症の原因物質が脳に蓄積して

記憶障害が起きる仕組みを解明した、

と、いうものでした。

  • 認知症予防につながる大発見!

研究チームがマウスに

歯周病の原因菌を

3週間連続で直接投与し、

正常なマウスと比較した結果

マウスの脳の血管の表面では

アミロイドベータを脳に運ぶ

受容体と呼ばれるタンパク質の数が

2倍に増え、さらに

アルツハイマー型認知症を

引き起こすたんぱく質

「アミロイドβ」が10倍に増え、

記憶実験の結果でも記憶力の低下が

確認されたということでした。

認知症予防につながる大発見!

この研究によって

アミロイドベータを運ぶ受容体の

働きを阻害する薬剤を使えば、

感染した細胞内を通る

アミロイドベータの量を

4割減らせることも

確認できたそうです。

認知症予防につながる大発見!

 チームの武洲九大准教授(脳神経科学)は

歯周病菌が、

異常なたんぱく質が

脳に蓄積することを

加速させてしまうことが

明らかになった。

歯周病の治療や予防で

認知症の発症や進行を

遅らせることができる可能性がある」

と、話されているそうです。

 

歯周病と認知症に関係があることも

驚きですが、この大発見は

認知症対策につながる大きな一歩

だったのではないでしょうか😊

 

毎日の正しい歯磨きと

定期的なプロフェッショナルケアで

歯周病を予防してお口も体も

健康に過ごせますように✨

 

✨お問い合わせはコチラまで…☟✨

摂津本山駅すぐの歯医者『ふじもと歯科診療所』
所在地〒658-0081 

神戸市東灘区田中町2丁目9-13 ニックあさひ1F
電話: 078-451-7887
HP:http://www.fujimoto-d-c.com
グーグルHP:http://dentist-209.business.site/

​LINE@お友達募集中🌟

  • 認知症予防につながる大発見!

一覧に戻る